Written by M.Ken'ichi

アルツハイマー型認知症とは|症状と経過について

認知症

認知症の親を心配する家族
『 親が認知症になったみたい。アルツハイマー型認知症って診断されたけど、具体的に教えてほしい。』

そんな質問にお答えします。アルツハイマー型認知症は高齢発症タイプと若年発症タイプに大別されますが、ここでは高齢発症タイプについて解説します。なお、ひとえにアルツハイマー型認知症といっても膨大な情報量です。いくつかに分けてお話を進めていきます。今回はアルツハイマー型認知症の症状と経過についてです。

※現在、認知症専門医のもとで勉強中です。ここでは認知症に関して得られた知見などを少しずつ公開していきます。

今回の内容

  • アルツハイマー型認知症の症状|今までできていた能力の喪失(=陰性症状)
  • アルツハイマー型認知症の症状|今までになかった異常な言動や行動の出現(=陽性症状)
  • アルツハイマー型認知症の自然経過

スポンサードサーチ

アルツハイマー型認知症の症状|今までできていた能力の喪失(=陰性症状)

アルツハイマー病
アルツハイマー型認知症の症状は『 今までできていた能力の喪失(=陰性症状)』『 今までになかった異常な言動や行動の出現(=陽性症状)』の2パターンに分けられます。

今までできていた能力の喪失のことを『 陰性症状 』といいます。まずは陰性症状について、その特徴的な症状と結果的に起こる日常生活への影響についてまとめていきます。

症状

・新しい物事が覚えられない(記憶障害)
・集中力や根気が続かない(注意障害)
・家事や仕事の手順や段取りを組み立てられない(遂行機能障害)
・言葉がうまくしゃべれない~言われたことが十分に理解できない(言語障害)

結果的に起こる日常生活への影響

・入浴や着替えなどの自分の身の回りのことがちぐはぐになる
・料理や洗濯などといった家庭内の仕事がちぐはぐになる
・伝言や約束事が覚えられず人間付き合いがちぐはぐになる
・仕事上の失敗や不手際が多くなる
・適切な判断ができない
・家電などの道具や品物を正しく扱えない
・ごく簡単な計算ができない

初期~中期のアルツハイマー型認知症でよくみられる症状について、もう少し詳しく解説します(上記含む)。理屈でわかっていれば、感情的にならずに済むかもしれません。主な症状は以下の3つです。

  • 記憶障害(新しい情報を脳に記録して引き出す能力の障害)
  • 遂行機能障害(手順や段取りを組み立てる能力の障害)
  • 病識の障害(自分の障害を正確に認識する判断力の低下)
  • 記憶障害(新しい情報を脳に記録して引き出す能力の障害)

    記憶障害はアルツハイマー型認知症だけでなく、ほとんどすべての認知症でみられる代表的な症状です。認知症でみられる記憶障害とは『 新たに脳の中に入ってきた情報を記憶する能力の障害 』です。そのため新しいこと、最近のこと、ついさっきのことを忘れたり、思い出せなくなったりします。

    厳密には『 記憶を作っていない 』というのが本質。症状が軽ければ断片的になる程度ですが、症状が重くなればなるほど記憶を作れなくなります。したがって忘れるというよりも、そもそも記憶を作っていないので引き出すことができないのです。

    その一方、昔のことはよく覚えているのが一般的です。認知症による記憶障害では、病気がかなり進行しないかぎり『 昔から脳の中に蓄えられてきた情報を引き出す能力 』は保たれていることが多いです。

    遂行機能障害(手順や段取りを組み立てる能力の障害)

    『 AとBで重要なのはAだから、Aを先にやってBはあとにする 』『 AとBをやってからCをやる。だけど今はDはやらない 』といった、手順や段取りを組み立てていく能力の障害です。遂行機能障害も多くの認知症で初期からみられます。買い物や料理、料金の支払いといった場面において『 あれをやって、それをやって、それからこれをやる 』といった順番や段取りのある行動が苦手になるので、手際が悪かったり、スムーズにできなかったりします。

    ところが不思議なことに『 着替える、お金を払う、包丁を使う、字を書く、準備をする 』というように、一つ一つの動作をやるように指示すると問題なくできます。それもそのはず。指示通りにやるだけならば遂行機能はいらないからです。したがって手順や段取りを自分で判断する必要がない状況では、認知症があるように感じさせません。『 言われたらできるけど、完全に任せるとできない 』、これが遂行機能障害の特徴です。

    病識の障害(自分の障害を正確に認識する判断力の低下)

    自分の障害の程度を正確に判断する能力が低下します。本人は自分の物忘れや行動のちぐはぐ感をなんとなく自覚しているものの、それがどの程度ひどい状態なのかがわかりません。

    本人に『 もの忘れはしますか? 』と尋ねると『 よく忘れます 』との答えが返ってきます。続けて『 もの忘れで困ることはありますか? 』と尋ねると、『 困ることはない 』という答えが返ってきます。このとき家族に尋ねると、明らかに忘れていますとの回答がよく聞かれます。つまり、本人は自分の症状や障害を正確に認識できていないということです。

    アルツハイマー型認知症の症状|今までになかった異常な言動や行動の出現(=陽性症状)

    妄想
    今までになかった異常な言動や行動の出現のことを『 陽性症状 』といいます。次は陽性症状について、特徴的な症状と結果的に起こる日常生活への影響についてまとめていきます。

    症状

    ・事実でないことを信じ込んで訂正がきかない(妄想)
    ・実際にはないものが見えたり聞こえたりする(幻視 / 幻聴)
    ・気分が不自然に暗く沈む(抑うつ)
    ・特別な原因がないのに息苦しさなどの不調を繰り返し訴える / 落ち着かない(不安)
    ・手助けなどのサポートを嫌がって怒ったり強く拒んだりする(興奮)
    ・妙に怒りやすい / 短気になる(易刺激性)
    ・深く考えずに衝動的に行動する(脱抑制)

    結果的に起こる日常生活への影響

    ・目的もなくウロウロと歩き回る(徘徊)
    ・幻覚に引きずられて行動してしまう
    ・攻撃的な態度や落ち着きのない様子が家族を苛立たせる

    ちょっとイメージしづらいと思うので例を挙げます。

    Aさんの訴え:『 夫が私を置いて愛人のところへ遊びに行った 』
    夫はすでに亡くなっています。しかしAさんの記憶の中には夫が亡くなった事実がスッポリと抜けています。記憶がどこかで錯綜した結果、事実でないことを信じ込んでしまっている例です。この場合、家族がAさんが認知症を患っていることを心得て接していれば、日常生活で大きく困ることはないと思われます。
    Bさんの訴え:『 嫁が財布を盗った 』
    これもよくあるパターンです。財布の置き場所を忘れて失くすこと自体は記憶障害によるものですが、失くなったものを盗られたと思い込んでしまい、周囲が訂正してもまったく聞き入れないのは妄想の症状です。この場合においても、家族がBさんは認知症を患っていることを心得ておくと対応がしやすいです。対応策としては、一緒に探してあげてそれとなく本人に見つけてもらうといった一芝居が有効です。

    アルツハイマー型認知症の自然経過

    アルツハイマー病
    アルツハイマー型認知症では多くの場合が図のような経過をたどります。おおよその経過は15年~20年くらいですが個人差があります。50歳代~60歳代前半に発症する若年性アルツハイマー型認知症では、もう少し進行速度が速くなります。

    初期

    ほとんどの場合が『 物忘れ 』から始まります。記憶を司る海馬という部分にアルツハイマー型認知症の異常タンパク質が溜まりやすいことが原因です。初期では本人に対してなんとなく不自然さを感じつつも、生活場面で困ることはほとんどありません。おそらく『 最近、うちのばあちゃんもボケてきたな~ 』程度にしか感じないと思います。ある意味、初期では深刻に考えないので見過ごされがちになります。

    若年性アルツハイマー型認知症の場合は状況が違います。家庭内では支障にならないような軽い物忘れや判断力の低下でも、仕事や社会活動の場面では深刻な問題を引き起こします。したがって家族よりも先に、友人や職場の同僚が異変に気付くこともしばしばあります。

    中期

    初期の終わりから中期の初めにかけて『 陽性症状 』が大なり小なり出現してきます。その典型が先ほどの妄想です。中期では陽性症状が徐々に目立つようになり、やがてピークに達します。

    ただし、陽性症状にはかなりの個人差があります。妄想のほかにも幻覚や興奮、脱抑制などありますが、すべての症状が同時に現れるわけではありません。さらに症状の程度(中期のピークの高さ)にもかなりの個人差があります。多少の症状はあるけれども周囲が心得ていれば大したことはなかったり、激烈な症状のせいで一緒に生活するのが苦しかったりと様々です。

    『 陽性症状 』が中期でピークに達することは事実ですが、そのピークは低い場合がほとんどです。むしろ、図の★印のように飛び抜けて強烈な方は少ないのです。でもそういった方はとにかく悪目立ちします。目立つがゆ故に『 アルツハイマー型認知症になるとこうなるのか… 』と感じる方も多いことでしょう。でも大丈夫。割合だけでみれば非常に少ないので、極端に怖がることはありません。

    後期

    後期になると脳内の活動量が減ってくるため、それに伴って『 陽性症状 』も少しずつ減っていきます。『 陰性症状 』も一定の速度で低下していきます。言い方が悪いかもしれませんが『 しぼんでいく 』という表現がわかりやすいかと思います。

    進行期

    後期の後半以降、少しずつ身体症状が表れてきます。身体症状とは動作が鈍くなったり、転びやすくなったり、飲み込む力が弱ったりといった具合です。さらに数年が経過すると、いわゆる『 寝たきり 』のような状態になります。ただし、全員が進行期(寝たきり状態)になるわけではありません。多くは高齢で発症するため、個々の寿命自体が進行期まで届かないことがあるからです。

    陽性症状がまったく表れない場合

    全経過を通して『 陽性症状 』がまったく表れない方もいます。このような場合、重度になっても家族が認知症に気づいていないことがあります。実際、陽性症状がなければ家族は困ることが少ないのです。したがって、単に『 年だから… 』という理由で認知症が見過ごされてしまうのです。

    まとめ

    アルツハイマー型認知症の症状は今までできていた能力の喪失(=陰性症状)、今までになかった異常な言動や行動の出現(=陽性症状)に大別されます。陰性症状とは記憶障害、遂行機能障害、注意障害など。陽性症状とは妄想、幻覚、興奮などです。問題になりやすいのは陽性症状ですが、極端に強い症状の方はごくわずかであり、中期以降は徐々にしぼんでいきます。

    いずれにせよ、わけもわからぬまま過ごすのは得策ではありません。アルツハイマー型認知症の症状や経過について、まずはきちんと理屈で理解することが重要です。少しでも理解していただけたら幸いに思います。

    次回はアルツハイマー型認知症の治療について解説していきます。