Written by m.kenichi

【理学療法士】退職(実質クビ)後、メンタルを病んで2ヵ月間のニート生活を経てから再就職した話

理学療法士

病んでる理学療法士
『最近病んでるかもしれない。似たような経験のある理学療法士の話があったら聞いてみたい。』

数年前、退職(実質クビ)後、メンタルを病んで2ヵ月間のニート生活を経てから再就職しました。今となっては完全に笑い話ですが、関係者の皆さんには迷惑をかけたなと反省しています。

内容がちょっと特殊かもしれませんが、最後までお読みいただけたら幸いです。中身があるようでない話ですが、とりあえず長いです。

スポンサードサーチ

本日の内容

  • はじめに
  • 退職前の心境や行動
  • 退職直後の心境や行動
  • ニート期間中の心境や行動
  • 再就職に向けて
  • 再就職時の心境や行動
  • おわりに

はじめに

数年前、職場でひと悶着あり、退職というか実質クビになりました。詳細は割愛しますが、大まかな流れとしては「職場の環境をなんとか良くしたいと試みるが失敗→業を煮やして社内イベントに参加しなかった→退職(実質クビ)→メンタルを病んで2ヵ月間のニート生活→再就職」とまあこんな感じです。

要は拗らせてしまい事態が悪化したわけですが、これについては後々書けたら書いてみます。今回は一連の事態の心境や行動を中心にまとめてみました。

退職前の心境や行動

日本の法律上、経営者とはいえ安易に社員をクビにはできません。不当解雇になる可能性があるため相手側も慎重です。例によって言葉を変えた「圧力」をかけてきます。こちらも察するし、これ以上は面倒くさいので退職届を提出しました。

退職日はおよそ1ヵ月後。退職届を提出してからというもの、爆速で月日が流れていきます。直ちに新たな就職先を探す気力なんてありません。いっそのこと独立するか、でもそんなリスクを負う勇気も気力もない。理学療法士なんて辞めてしまおうかとさえ考えていました。

そんなこんなで毎日が悶々とした日々。非常に不安定な精神状態だったので夜も眠れません。しかし一方で、日中は妙に覚醒しており、患者さん相手にやたらとハイテンションで喋っていた記憶があります。これが躁うつ状態でしょうか。

預金がほとんどなかったこと、職場にはなんとか通える距離だったこともあり、とりあえずアパートを解約して実家に避難させてもらいました。両親は呆れてものも言えないといった状況です。いい歳した大人が何やってるんだと。

ふとした時、先々のことを考えると頭の中がグウァングウァンするし、吐き気を催すし、情けないやら悲しいやらで泣いてしまうこともありました。仕事では、患者さん相手のときはハイテンションだったとはいえ、余計なことを考えずに済むので、むしろある意味で安定剤になっていたようにも思います。

最低限の引継ぎを行い、少ない有給休暇を消化して職場とはさようならです。なお、退職前には会社内だけでなく様々な公的手続きが必要となります。特に次の就職先が決まっていない場合、事前にやることが多くて大変でした。自身のことなのにしっかり覚えていないのですが、とりあえず退職時の流れは以下の感じです。わからなければ、最寄りのハローワークに問い合わせましょう。

退職直後の心境や行動

退職すれば少しはスッキリするかと思いきや、まったくそんなことはありません。「あーこれからどうしよう」と落ち着くことができません。バカですよね。追い打ちをかけるようにというか、これは私が悪いだけですが、余裕をもって過ごせるような預金なんてありませんでした。そもそも預金なんて保険やら税金であっという間に消えていきます。申請すれば失業給付金が出ますが、もともと少ない給料なのであってないようなもの。

ニート期間中の心境や行動

鬱気質の方ならわかるかもしれませんが、朝がものすごく辛いんです。

「また朝が来た」

こんな感じ。初夏だったこともあり、早朝から太陽の光が差し込んできましたが、これがとにかく辛かった。布団から起き上がろうにも、重くて身体が動かない感覚に襲われたこともありました。

それでもなんとか起きあがり、母親が用意してくれた朝食をいただきます。当時、両親はまだ現役でした。

「還暦近い両親がまだ働いているのに、いい歳して俺は何をやってるんだ」

とにかく自分を責める日々で、複雑な感情が押し寄せてきます。「働かなければ生活できない→でも心がついていかない→不安」の繰り返し。失業給付金があっても、預金はみるみるうちに目減りしていきます。

「生活のため、生きるためにはお金が必要で、そのために働いている」という考えはまったく好きではありませんが、つまるところ、一番の不安要素はお金がなくなることなんです。お金がなくなる不安がさらに精神状態を悪化にさせ、何をするにも億劫になります。

とはいえ、完全に閉じこもってしまってはいよいよ抜け出せなくなる。そう思った私は、とりあえず生活リズムだけは大きく乱さないように心掛けました。年の功というか、その辺りの対応力?危機感?は身についていました(まったく自慢できることではありませんが)。

朝はちゃんと起きてご飯を食べる、日中はできるだけジムなどで汗を流す、外の空気を感じる、夜更かしをしない、ハローワークに通うなど。うつ状態だったのは確実ですが、こうやって意識的に動けるぶん、末期ではなかったのでしょう。

昼間からお酒も飲みました。海に行って白い肌を焼いたりもしました。週末はできるだけ人と会いました。趣味の登山やプチ旅行にも行きました。一人行動のほうが多かったですが、親しい友人や彼女にも随分と救われました。感謝してもしきれません。

とはいえ、まだまだ心の底から楽しめるほどの精神的な余裕はありません。「なんでこんなことに、なんで俺は、なんでダメなんだ」など、不安や自責の念に駆られつつも、自分なりに糸口を見つけて乗り越えようとする日々。心が行ったり来たりと忙しく、超絶不安定です。それでもできるだけニート生活を満喫するように心掛けていました。現実逃避も大切です。

再就職に向けて

重い足取りでハローワークに通ったり、憂鬱になりながらもスマホで検索したりする日は続きます。まあ結局、たしかPTOTSTワーカーで探して現在のところに就職したのですが、転職サイトなんていくらでもあるし、どこも変わりないし、どこも必死で鬱陶しいくらい連絡がきます。ぶっちゃけどこで探しても同じです。

当時、医師(というか経営者)が心底嫌いになっていた私は、いっそのこと理学療法士なんて辞めてしまおうと思い、理学療法士以外の求人を探したりしましたが、そう都合の良い仕事なんてありません。というか良くも悪くも専門職として過ごしてきたため、理学療法士以外の能力を持ち合わせていません。さらに元来の性格上、一般社会に対応できるような人間でもありません。

結局、理学療法士の道しかありませんでした。

整形外科となると個人医院(クリニック)が思い浮かびますが、医師との距離が近すぎてうまくいかなくなることが目に見えていました。それならば病院はどうかというと、そもそも求人がありません。

これまでずっと整形外科専門で、それなりに誇りをもって働いてきたので、今さら畑違いの分野に行くのはものすごく抵抗がありました。しかし、間もなくニート生活も2ヵ月が過ぎようとしています。いよいよ背に腹が代えられなくなってきました。

残るは介護分野しかありませんでしたが、ぶっちゃけ当時の自分は介護分野を見下していました(ごめんなさい)。新卒採用のときも「絶対に介護分野はイヤ、絶対に整形外科だ」と思っていたくらいです。しかし結局、心にものすごい葛藤、もやもやを抱えたまま介護老人保健施設の面接を迎え、採用してもらえることになりました。

再就職時の心境や行動

ニート生活はちょうど2ヵ月。完全とは言えないものの体調はかなり改善しており、さらにお金が無くなる不安からも解放されると思うと精神的に楽になります。

介護老人保健施設にも医師はいますが、直接的な関わりはかなり少ないです。また個人医院のように少数精鋭ではないため、良くも悪くも個々の色が目立たなくて済みます。そういった意味でも、精神的にはかなり楽です。

とはいえ当初からやりたくなかった介護分野、しかも未経験です。いわゆる「整形外科の考え方」で凝り固まっていた私は、「介護分野の考え方」にシフトするのに四苦八苦したのは言うまでもありません。大ベテランの直属の上司にはかなり絞られました。イラッとすることも多々ありましたが、学ぶことも多かったのは事実です。

おわりに

さて改めて振り返ってみると、いい歳した人間なのに、実にワガママで、世間知らずで、小さい人間だったなと感じる次第です。身の丈を知らず、自分はできると思い込んで行動する。拗らせるとは正にこのことです。

関係者にはたくさん迷惑をかけたし、振り回してしまったのは事実。もちろん反省はしていますが、今となっては笑い話です。むしろ前向きに考えれば「自ら行動した結果、失敗した」とも言えます。

何事も経験。バカは経験、失敗してからようやく学ぶのでしょう。失敗したときは辛いですが、メンタルさえ持ち直せば、いくらでもやり直すことは可能です。さらになんだかんだ国家資格なので、選り好みさえしなければ就職先に困ることもありません。これは大きな武器ですよ。

余談ですが、この記事を書いている時点で、かれこれ5年が経過しています。さすがにすっかり癒えており「仕事は適度に、趣味はガッチリ」と過ごしています。なお現在は、介護老人保健施設から訪問看護ステーションに異動しています。

これは発見なのですが、内勤よりも外勤のほうが自分に合っていることが判明しました。もともとじっとしていられないタイプなので、四季を感じつつドライブ感覚でご自宅に訪問できるのはわりと楽しいものです。自己管理でスケジュールを組み立てられるのも都合がよろしい。

新卒採用では難しい分野かもしれませんが、訪問看護ステーションないし訪問リハビリテーションはわりとおすすめだったりします。

PT/OT/STの転職紹介なら【マイナビコメディカル】