Written by M.Ken'ichi

タグ:心理学が付いている記事一覧


心理学

褒めることは、子どもの集中力を高めます。とはいえ、褒めてばかりではいけません。『褒めること:叱ること=2:1』くらいが理想です。褒めることで自尊心が向上し、自信につながります。それが努力するという行動を維持するための原動力になります。

心理学

恋愛成就のために活用できる心理学のポイントは『単純接触効果』『ミラーリング効果』『誤帰属』です。とはいえ、恋愛は人と人との関係の中で成り立つものです。技術を使えば良いというわけではありません。『誠実に相手を想うこと』が何よりも大切だということをお忘れなく。

心理学

後半では『ロー・ボール・テクニック』『ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック』をご紹介します。前半・後半の内容を活用することで、人にお願いを聞いてもらいやすくなるかもしれません。しかし、自分の利益のためだけに相手の心理を利用するのはいただけません。人にお願いをする際には、お互いの利益をしっかりと考えましょう。

心理学

前半の内容です。日常生活において、私たちはさまざまなお願いをしています。でも、ただひたすらお願いをするだけでは、うまくいかないことが多々あります。そんなときは『フット・イン・ザ・ドア・テクニック』『一貫性の原理』を活用することで、うまくいくかもしれません。くれぐれも悪用は厳禁です。

心理学

相手のやる気をうまく引き出したいときは『外発的動機づけ』『内発的動機づけ』『ピグマリオン効果』を利用するのが効果的です。外発的動機づけとは、外からの働きかけによって生まれるやる気のこと。内発的動機づけとは、行動すること自体が楽しいと感じるために生まれるやる気のこと。ピグマリオン効果については本文をご参照ください。

心理学

やる気を出すために重要なポイントは『 短期目標を設定すること 』『 自己効力感を高めること 』です。長期目標だけではやる気が失せてしまうため、細かく目標を分けるのが大切です。一方、自分はやり遂げることができるんだという、自分自身への期待のことを自己効力感といいます。これもまた、やる気を出すために重要な要素です。