Written by M.Ken'ichi

足首(足関節)の捻挫と骨折の見分け方|写真あり

整形外科

スポンサードサーチ

足首(足関節)の捻挫と骨折の見分け方

足首を捻ってしまった際、いわゆる捻挫なのか、それとも骨折しているのかを簡易的に見分ける方法があります。それが以下に示すOttawa Ankle Rule(オタワ アンクル ルール)です。一般の方には聞き慣れない単語かと思いますので、少し解説していきます。

Ottawa Ankle Rule(オタワ アンクル ルール)

足首 捻挫 骨折 見分け方
足首 捻挫 骨折 見分け方
言葉で書くとややこしいので写真にしました。わたしの足ですみません。ちょこっと専門用語で説明しますが、要点は以下の通りです。

  • 外果の後下端6cm付近の圧痛(外くるぶし)
  • 内果の後下端6cm付近の圧痛(内くるぶし)
  • 第5中足骨底部の圧痛(足の小指の付け根)
  • 舟状骨の圧痛(内くるぶしの前方)
  • 受傷直後に数歩も歩けない(両足で4歩程度)
  • 『 押すと痛いかどうか 』『 歩けるかどうか 』がポイントです。どれか一つでも該当すれば、高確率で骨折しています。逆に該当しなければ捻挫の可能性が高いというわけです。

    注意点

    方法は書きましたが、素人判断はよろしくありません。ある程度、足の解剖学がわかっていないと難しいと思います。結果的に捻挫であろうが骨折であろうが、受傷したのであれば早急に整形外科を受診することをおすすめします。

    なお、小どもが足首を捻った場合、かなりの確率で骨折を伴っています。ご両親をはじめ関係者の皆さんは、特に注意してあげてください。

    参考文献

    L M Bachmann: Accuracy of Ottawa ankle rules to exclude fractures of the ankle and mid-foot: systematic review. BMJ, 2003.