Written by M.Ken'ichi

【物忘れ外来とは】認知症の早期診断|受診時の流れと整理すべきポイント

認知症

認知症が気になる本人やその家族
『 なんだか物忘れをしやすくなったような…。もしかして認知症?一度、物忘れ外来を受診してみようかな。受診時の流れやポイントがあれば教えてほしい。』

そんな質問にお答えします。
近年、テレビやインターネットで認知症の話題がよく上がります。早期診断には物忘れ外来を受診しましょう。今回は受診時の流れや整理すべきポイントなどについてお話していきます。

※現在、認知症の専門医の下で勉強中です。ここでは認知症に関して得られた知見などを少しずつ公開していきます。

本日の内容

  • 物忘れ外来とは
  • 受診時の注意点
  • 受診時の持ち物
  • 診察の流れ(当院の場合)
  • 受診前に整理しておくべきポイント
  • まとめ

スポンサードサーチ

物忘れ外来とは

物忘れ外来
物忘れ外来は認知症を診るための専門外来です。したがって『 認知症外来 』とも呼ばれており、主に神経内科や精神科の医師が診療に当たります。

物忘れ外来は全国に点在しますが、病院選びが難しいところです。認知症に限りませんが、やはり診療に当たる医師にも「 差 」があります。一口に「 ココがおすすめだよ 」とは言い切れませんが、ひとまず『 公益社団法人 認知症の人と家族の会 』のホームページをご参照いただければと思います。

受診時の注意点


『 一人だけで受診させないこと 』

理由は本人の話だけでは信ぴょう性に欠けるからです。かならず、同居する家族が同席してください。

認知症は『 生活における障害がどの程度あるのか 』がかなり重要です。たとえ本人に病感があっても、『 どのくらい悪いのか 』の程度がわかりません。したがって、かならず同居する家族から『 実態 』を聴取する必要があるのです。

受診時の持ち物


・保険証
・診察券
・おくすり手帳
・その他(紹介状、情報提供書など)

※おくすり手帳はめちゃめちゃ大切です。というのも、薬の副作用が認知症を引き起こしたり、助長させたりすることがあるからです。そんなときは単純に『 薬をやめてみる 』のが最善の治療だったりします。ご本人任せにせず、出発前に必ず確認しましょう。

診察の流れ(当院の場合)

こればかりは病院によって異なるでしょう。ひとまず当院での流れをご紹介します。

一回目

問診(本人、家族):40分程度
認知症のスクリーニングテスト(本人):20分程度
生活上の様子について聴取(家族):50分程度
血液検査(本人)::5分程度

二回目

認知症の詳細なテスト ‐ 前半 ‐(本人):60分程度
MRI検査(本人):20分程度

三回目

認知症の詳細なテスト ‐ 後半 ‐(本人):60分程度
脳波検査(本人):10分程度

四回目

身体機能検査(本人):10分程度
病状説明(家族、本人):60分~90分

ご覧の通り、長・長・長時間を要します。本気で状態を捉えようと思うと、時間がかかるものです。関係者の私は言うのもおかしな話ですが、当院の懇切丁寧な診療は間違いなく全国屈指です。

ただ、ここで言いたいのは当院の紹介ではありません。やはり、それなりに時間をかけないと本当の意味での『 認知症の実態 』が掴めないのです。したがって、ある程度時間をかけて診てくれる病院を探すことが必要になります。

受診前に整理しておくべきポイント

認知症
認知症の診療では『 問診 』が重要です。得られた情報を整理することが、認知症治療の第一歩でもあるのです。したがって、同席するご家族にも情報をある程度まとめておいてもらうと、診療が非常にスムーズです。ここでは整理しておくべきポイントについてご紹介します。

■ 現在の状態
■ これまでの経過
■ 既往歴

大きく分けて3点です。詳しく説明します。

現在の状態

まずは、いま現在の状態についてです。何がどう具合が悪いのでしょう。以下の点について、具体的なエピソードがあればまとめておくと良いです(全部ではなくても大丈夫です)。

物忘れについて

ⅰ. 自身が言ったことを忘れていませんか?
ⅱ. 同じことを何度も言いませんか?
ⅲ. こちらが伝えたことを忘れていませんか?
ⅳ. 予定や約束を自力で思い出せますか?
ⅴ. よく物を探していませんか?よく物を失くしませんか?
ⅵ. 大きな出来事自体をすっぽりと忘れていませんか(冠婚葬祭、出掛けたことなど)?

自分の身の回りのことについて

※ここで重要なのは『 100%、本人に任せて大丈夫か 』です。声を掛けないとやらなかったり、たまに手伝いが必要だったり、なんとなく段取りや手順がチグハグだったりする場合はその内容をメモしておきましょう。

【 服装について 】
ⅰ. 季節に合ったものを着れていますか?
ⅱ. 服装が乱れていませんか?
ⅲ. 同じものを着続けていませんか?

【 入浴について 】
ⅰ. 入浴前の準備(下着や衣類、タオルなど)ができていますか?
ⅱ. 頭や身体はきちんと洗えていますか?
ⅲ. 入浴時間は適切ですか?極端に短かったり、長かったりしませんか?

【 整容について 】
ⅰ. 歯磨きや洗顔は適切にできていますか?
ⅱ. 身だしなみ(髪やヒゲなど)は保たれていますか?
ⅲ. その他、衛生面は保たれていますか?

家庭内外の生活について

※ここでも『 100%、本人に任せて大丈夫か 』がポイントです。声を掛けないとやらなかったり、たまに手伝いが必要だったり、なんとなく段取りや手順がチグハグだったりする場合はその内容をメモしておきましょう。

ⅰ. 料理の味付けや量、出来栄え、調理時間、品数などに変化はありませんか?
ⅱ. モノが散乱していませんか?片付けはできていますか?
ⅲ. 洗濯物を回しっぱなし、干しっぱなしになっていませんか?
ⅳ. 家電は適切に扱えていますか?
ⅴ. 趣味に対する意欲、興味や関心ごとについて変化はありませんか?
ⅵ. 上の空でボーっとしているときはありませんか?
ⅶ. 外出(友人・近所付き合い、地域活動、習い事、散歩、買い物など)の頻度や意欲などに変化はありませんか?

気分や感情、精神面について

ⅰ. 自発性や活発性に変化はありませんか?
ⅱ. 抑うつのような発言や表情(死にたい、私なんか…など)はありませんか?
ⅲ. 妙にソワソワして落ち着かないなどの様子はありませんか?
ⅳ. 些細なことでイライラしたり、怒りっぽくなった印象はありませんか?
ⅴ. 妄想や幻覚などの症状(事実ではないことを信じ込む、見えないはずのものが見える、聞こえないはずの音が聞こえるなど)はありませんか?

これまでの経過

次は、これまでの経過についてです。認知症の領域では『 経過 』が非常に重要です。悪くなったのは、いつか?ではなく『 始まったのは、いつか? 』がポイントです。

このように考えてください。

ご本人の物忘れには不自然さを感じると思います。本来のご本人を考えた際、いくら高齢だからと言っても、あまりにも直前のことを忘れていたり、以前なら絶対に覚えているはずのことを忘れていたりなど「 あらら?」という不自然さを感じると思います。

生活に困るか困らないかは別として、「 あらら? 」という不自然さを感じるようになったのは、最大でどのくらい遡れるでしょうか。また、どんな内容の物忘れだったでしょうか。もしかしたら最初は物忘れではなく、身だしなみの不自然さ、料理の手順や味の変化などだったかもしれません。

ということで、時系列に整理してみましょう。

例えば…
・5年前から同じ話を何度もしたり、同じものを何度も買ってくるようになった
・4年前から料理の味付けが変わってきた/部屋が散らかっている
・3年前から些細なことでイライラするようになった
・2年前から被害妄想のような発言が聞かれるようになった
・1年前から身の回りのことがだらしなくなってきた

※あくまでも例なので症状の順番は適当ですが、ひとまず上記のように時系列で整理するとわかりやすいです。ただし、こういうのは後知恵なので「 そういえば〇年前くらいから… 」で結構です。情報源は同居する家族のものが一番ですが、たまにしか会わない非同居の子どもや孫からの情報も参考になります。

繰り返しますが、生活に困る困らないは別として『 始まったのは、いつか? 』が重要です。

既往歴

最後は既往歴について確認です。正確に認知症の病態を把握するには欠かせない情報です。認知症は、脳震盪や手術が引き金になることが多々あります。他にも甲状腺などのホルモンの病気、高血圧や糖尿病などの持病の有無も重要です。ということで以下の項目をチェックしてみましょう。

ⅰ. 大きな事故やケガをしたことはありませんか?
ⅱ. 手術をしたことはありませんか?
ⅲ. 甲状腺などのホルモンの病気はありませんか?
ⅳ. 高血圧や糖尿病などの生活習慣病はありませんか?

※既往歴ではありませんが、以下の内容も確認しましょう。
ⅰ. 現時点で飲んでいる薬や漢方薬、ビタミン剤などはありますか?
ⅱ. 飲酒や喫煙の習慣はありますか?

まとめ

物忘れ外来と聞くと、ちょっと敬遠してしまいます。受診しにくいかもしれませんが、本当に心配であれば一度診てもらうことをお勧めします。以下、受診時のポイントをまとめました。

■ かならず同居する家族が同席しましょう
■ おくすり手帳をお忘れなく
■ ある程度の情報をまとめておくとスムーズです。

※ある程度の情報とは
・現在の状態(物忘れ、身の回りのこと、家庭内外の生活、気分や感情面)
・これまでの経過(〇年前から物忘れ、□年前から身の回りのことが…など)
・既往歴(大きな事故やケガ、手術歴、ホルモンの病気、生活習慣病など)