Written by m.kenichi

【中古カメラ選び】失敗しないための5つのポイント【実体験】

カメラ

中古カメラを検討中の人
『中古カメラを買おうと思うけど、選ぶときのポイントがあれば教えてほしい。』

そんな質問にお答えします。

現在所有しているカメラは、すべてオークションやハードオフで手に入れた中古品です。ここでは実体験を含め、中古カメラを選ぶときに気をつけているポイントについてまとめてみました。月並みなことばかりですが、なにかしらお役に立てたら幸いです。

本日の内容

  • はじめに
  • シャッターが安定して切れるかどうか
  • イメージセンサーの汚れはどうか
  • グリップの劣化、各種ボタン表記のかすれ具合はどうか
  • 各種ボタンやダイヤルの反応はどうか
  • 写真データが記録・再生できるかどうか
  • おわりに

スポンサードサーチ

はじめに

オークションでは当然ながら実機に触れることができないので、出品者からのコメントや写真、信用度で判断するしかありません。ハードオフなどの実店舗であれば、きちんと触れて確認しましょう。可能であればバッテリーとメモリーカードは持参するべきです。いくらコメントが書いてあったとしても、実際に作動させてみないとわからないことが多いです。

なお自分で直せるのであれば問題ないと思いますが、ほとんどの方には難しい作業だと思います。ヘタなジャンク品をつかまないよう、以下の点に注意して購入してみましょう。

シャッターが安定して切れるかどうか

誰しもが一番気になるところです。シャッターが切れないことには始まりません。半押しや押し込んだときの感覚、連続撮影時の挙動を確認しておきましょう。ちなみに設定によってはシャッターが切れないことがあるので勘違いしないようにしましょう。

具体的にはフォーカス優先モードでフォーカスが合っていない、メモリーカードが入っていない場合にカードなしレリーズが禁止になっている、バッテリー残量が極端に少ないなどが挙げられます。

イメージセンサーの汚れはどうか

イメージセンサーの汚れは致命的です。埃などの表面的な汚れであればブロアーで吹き飛ばしたり、メンテナンスショップでクリーニングしてもらったりすればOKです。ところが、稀にカビが蔓延っている個体が存在します。表面的であればなんとなかるかもしれませんが、基本的に手を出さないのほうが賢明です。

わたしの場合、イメージセンサーに埃のような汚れがあるのを承知したうえで購入したことがあります。ところが後日、よく見てみると明らかにカビの胞子とその菌糸が伸びている様子が確認できました(トップ画像の赤丸部分)。一応メンテナンスショップに出してみましたが「カビがセンサー内部に侵入している」とのことで、取り除くことができませんでした。結局、保証期間だったこともありそのカメラは返品することにしました。

イメージセンサーを交換すればいいのでしょうが、そうするとかなりの金額がかかります。そんな大金をかけてまで中古品を手に入れるメリットはないので、おとなしく別のカメラを買ったほうが良いです。

ミラーレスカメラであればイメージセンサーの確認は容易です。ボディ内を覗くと長方形に見えるのがそれです。一方、一眼レフカメラではミラーアップしなければ覗くことができません。その際、バッテリーがフル充電されていることが重要です。バッテリー残量が少ないとミラーアップできません。

グリップの劣化、各種ボタン表記のかすれ具合はどうか

グリップの劣化や各種ボタン表記のかすれ具合では、単純に使用感がわかります。とくにグリップがゴムの場合、ツルツルというかテロテロしているのは使用感が多めです。ボタン表記のかすれ具合ではそのボタンを多用した形跡が伺えます。そうそう劣化したりかすれたりしないはずなので、そのような痕跡が見られる個体はやはり使用感が多いのだと感じます。

各種ボタンやダイヤルの反応はどうか

再生ボタンや削除ボタン、方向キーや決定ボタン、ズームアップやズームアウトボタン。多用するであろう各種ボタンの反応はどうでしょうか。ダイヤルがあればそれを回したときに空回りはしないでしょうか。全然反応しなくなるということは考えづらいですが、反応が鈍かったり空回りするのは中古カメラではよく見られます。きちんとバッテリーを入れて確認してみましょう。

写真データが記録・再生できるかどうか

これも稀にありますが、確認するにはメモリーカードとバッテリーが必須です。狙っているカメラがあるのであれば、予め必要なものを揃えておくのが良いでしょう。ちなみに古いカメラでは容量の多いメモリーカードが非対応になっていることが多いので注意が必要です。

おわりに

新品には手が届かない…でもカメラが欲しいという方。中古品を視野に入れると一気に選択肢が広がります。「中古品には抵抗があるな~」という方も多いと思いますが、ぶっちゃけ慣れます。そんなことを考えるよりも上記のポイントを押さえつつ、手ごろで自分好みのカメラを手に入れたほうが幸せになれます。