Written by M.Ken'ichi

【弥彦山】冬の登山でしか見られない霧氷の世界|2021年1月6日

アウトドア

冬の弥彦山に登ろうと考えている人
『夏場なら登ったことがあるけど、冬の弥彦山ってどう?やっぱり寒い?景色は?ついでに装備も知りたいな。』

この記事は備忘録ですが、冬の弥彦山に登ろうと考えている方にとって少しでも参考になれば幸いです。写真多めです。

本日の内容

  • 感想
  • スケジュールなど
  • 装備
  • 注意点
  • 写真25枚ほど
  • おわりに

スポンサードサーチ

冬の弥彦山登山|感想

弥彦山登山最高でした。冬の弥彦山ってめちゃめちゃきれいです。冬なのに、新潟なのに、この日は奇跡的に晴天。やや風があったけどまったく問題なし。弥彦山は低山かつ登山道が整備されているので登りやすく、雪山の初心者にもおすすめできます。

今回は青い空と雪のコントラストが見事でした。霧氷も素敵で、まさに自然が織りなす芸術です。時間を忘れて写真を撮りまくりました。どこを切り取っても絵になり、登山好き・写真好きにはたまらない環境でした。なお霧氷の発生には条件があるようなのでチェックしてみてください。

【OSMO ACTIONで撮影】

冬の弥彦山|スケジュールなど

【日にち】2021年1月6日(水)
【天候】晴れ、時折やや風あり
【気温】0° (体感では0° ~ -5°くらい)
【登山ルート】表参道コース
【登山時間】4時間 ※休憩時間・写真撮影の時間含む
【スマートフォン電波状況】良好
【積雪量】山頂は80cm~100cm
【登山道の状況】踏み固められているので良好。ただし一人分しかないので、すれ違い時には譲り合いが必要。特段危険なところはない。

冬の弥彦山|装備

弥彦山登山
わたしも雪山初心者なので、やや過剰なくらいの準備をして臨みました。結果的には少し暑かったけど、暑いぶんには問題ありません。

それにしてもmont-bellのスーパーメリノウール(厚手)はマジで暖かい。発熱し続けるので暖かさがこもってくれる感じで、さらに速乾性もプラスされているので汗冷えがしづらいです。本当に買ってよかった。

靴は新潟の定番、ピン付き長靴です。軽くて扱いやすく、雪にガチッと噛んでくれるので滑る心配がない。お手軽に、低い雪山を登るときには欠かせない代物です。

※地面が出ているところでの使用はやめましょう。登山道が傷つきます。

冬の弥彦山|注意点

基本、誰かしら登っているので安心できます。登山道も踏み固められていますし、まあ危ないことはありません。どちらかというと寒さ対策が重要です。低山とはいえ冬山。体感では余裕で氷点下なので普通に寒いです。軽装で登るのは到底おすすめできません。

冬の弥彦山|写真

以下、ひたすら写真を並べていきます。
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山
弥彦山登山

おわりに

余談ですが、今回使用したカメラは『Nikon D40x』という2007年発売のデジタル一眼レフカメラです。古いので制約はいろいろありますが軽いし、意外と写るし、普通に使えます。

新潟では超ド定番の弥彦山ですが、いったん雪をかぶると景色が一変します。見たこともない弥彦山を堪能することができるので、めちゃめちゃおすすめです。ただし、寒さ対策だけは万全にしましょう。