Written by m.kenichi

旅行

2022年6月上旬、さどまる俱楽部を利用して2泊3日の佐渡旅に行ってきました。見頃を迎えたトビシマカンゾウがとても美しかったのが印象的です。あとは食べて飲んでの繰り返し。当てのない佐渡旅でしたが、今回も大満足でした。ひとまず、割高になりがちな佐渡旅を少しでも安く抑えるために、さどまる俱楽部への登録をおすすめします。

カメラ

新潟市北区松浜の朝市にて、買い物がてらモノクロ縛りで写真を撮ってきました。葛塚朝市よりも規模は小さいものの、朝市らしく新鮮な野菜や魚介類を中心にお店が並んでいました。なんとなく、ほっこりした雰囲気のなか買い物をすることができました。みなさんも、お近くの朝市に足を運んでみてはいかがでしょうか。

カメラ

新潟市北区葛塚の朝市にて、買い物がてらモノクロ縛りで写真を撮ってきました。朝市ってまともに行ったことがなかったのですが良いですね。お店の人 兼 作り手の人と対話をしながら楽しく買い物ができました。face-to-faceの買い物が苦手な人もいるかと思いますが、まあたまには良いですよ。気軽に立ち寄ってみてください。

カメラ

新潟市中央区古町通7番町にて、モノクロ縛りでストリートスナップを撮ってきました。古町界隈だと規模的にカメラ散歩するのにちょうど良くて気に入っています。これからの時期は気候的にも出掛けやすいので、みなさんもカメラ散歩を始めませんか。時間があっという間に過ぎていきます。

カメラ

中古カメラ選びで失敗しないための(私が気をつけている)ポイントをまとめました。➀シャッターが安定して切れるか、➁イメージセンサーの汚れ、➂グリップの劣化・各種ボタン表記のかすれ具合、➃各種ボタンやダイヤルの反応、⑤写真データが記録・再生ができるかです。中古品に抵抗がある方も多いでしょうが、ぶっちゃけ慣れます。

カメラ

菜の花畑はド満開。眩しいくらい一面に黄色の絨毯が広がっています。一方、今年はあっという間に散ってしまった桜。すでに葉桜でした。またちょうど行った日、潟舟イベントをやっていました。潟から眺める菜の花畑や福島潟の様子はとても新鮮でした。期間限定、雨天荒天即効中止のイベントですが是非参加してみてください。

HOW TO

関東圏在住の大学生のみなさん、合宿免許なら新潟県が安くておすすめです。全国の平均料金が250,000円(AT車)のところ、新潟県の平均料金は210,000円です。全国順位でいうと4番目ですが、それにしてもかなり安い部類です。関東圏からのアクセスや自動車学校の選択肢の多さなどを考慮すると、総合的に新潟県が良さそうです。

カメラ

菜の花畑が広がる福島潟の景色を撮ってきました。とは言うものの、満開にはまだ少し早かったようです。それでも天候にも恵まれ、大勢の方が訪れていました。定番スポットですが、やはりこの時期の福島潟は格別の美しさがあります。菜の花は4月いっぱいであれば余裕で楽しめると思うので、ぜひ足を運んでみてください。

カメラ

新潟市中央区西堀前通にて、モノクロ縛りでストリートスナップ写真を撮ってきました。まん延防止措置の期間中だったので、繁華街は閑散としていました。写真を撮るぶんには人目が気にならないので好都合でしたが、人がいない繫華街って寂しいですね。なんとなく「哀愁」を感じる新潟カメラ散歩でした。

カメラ

新潟市中央区古町通6番町にて、モノクロ縛りでストリートスナップ写真を撮ってきました。モノクロでは「色」を遮断することで、自然と「光と影」に注目するようになります。被写体によって光沢感が異なったり、光と影の濃淡が異なったりなど、発見が多かったように感じます。モノクロにハマるかもしれないです。