Written by m.kenichi

【新潟カメラ散歩】古町通6番町をモノクロでストリートスナップ|作例5枚

カメラ

スポンサードサーチ

新潟カメラ散歩|古町通6番町をモノクロでストリートスナップ|作例5枚

ある日の早朝、モノクロ縛りでストリートスナップ写真を撮ってきました。場所は新潟市中央区古町通6番町です。作例とともに感想をちょこっと述べていきたいと思います。

絞り値:f2 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:5000 露出補正:±0 ホワイトバランス:オート

古町
壁画の前にちょうどマウンテンバイクが駐車してありました。原付バイクがちょこっとフレームインしているのが気になりましたが、さすがに動かすわけにはいかないのでこのまま撮影しました。ストリートスナップと自転車の親和性ってめちゃめちゃ高いです。それにしてもこの壁画っていつからあったのかな。

絞り値:f2 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:2500 露出補正:±0 ホワイトバランス:オート

古町
少女が腰をかけて小鳥を眺めている像です。片手にはチューリップらしきものがあります。なんとなく哀愁が漂う感じで撮りたかったのですが、はたして伝わるでしょうか。ちょっとボカしすぎたのと、右下に花壇の端が写り込んでいたのは失敗でした。

絞り値:f2.8 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:4000 露出補正:±0 ホワイトバランス:オート

古町
ちょっとフォーカスが合っていないのは残念でしたが、ほぼノールックで撮影したので致し方なしです。ほんのりブレているのは、ランニングの躍動感が出ていていいなと思います。もう少しシャッタースピードを遅くしても良かったかもしれません。早朝のランニングは気持ちいいでしょうね。

絞り値:f2.8 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:3200 露出補正:±0 ホワイトバランス:オート

古町
落書きは良くないんですが、写真的にはOKです。大きい声では言えませんが、どんどん描いてほしい…。

絞り値:f2.8 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:4000 露出補正:±0 ホワイトバランス:オート

古町
ストリートスナップをしていて感じたことですが、やはりヒトが写り込んでいたほうが絵的にいいですね。これに関しても、もう少しシャッタースピードを遅くすれば良かったと思いました。

撮影機材

ai nikkor 50mm f1.4s
・Nikon D700
・AI NIKKOR 50mm f1.4S
・焦点距離50mm
・ピクチャーコントロール:モノクロ
・フィルター未使用

撮影場所:新潟県新潟市中央区古町通6番町

感想

古町
以前、何度かストリートスナップに挑戦したことがありました。しかし、大きなカメラを人前で振り回すのはなかなか勇気のいることでした。ということもあり、今回は気兼ねなく撮りたかったため早朝のほとんど人がいない時間帯を選びました。

結果、さすがに人が少なすぎました。もちろん気持ち的にはかなり楽でしたし、それはそれで作品的にはありなのかもしれませんが、やはり人がいない街ってのは寂しいですね。

とはいえ気持ち的にも時間的にも余裕があったため、じっくり撮ることができて良かったとも思います。60分くらいいましたが、あっという間でした。本当はもっと撮りたかったのですが、時期的に寒さに耐えられず撤収した次第です。

さて、今回はあえてモノクロ縛りで撮ってみました。モノクロでは日常に溢れる『色』を遮断するため、おのずと『光と影』に注目することになります。被写体によって光沢感が異なったり、光と影の濃淡が異なったりするのでとてもおもしろかったです。

どうしても色に注目しがちですが、あえて色を遮断することで見えてくる世界ってあるんだなと気付かされました。今後、もっともっとモノクロで撮影していきたいと思います。