Written by M.Ken'ichi

夏休みは佐渡島がおススメ|佐渡島への行き方|島内の移動手段|前編

旅行

次の旅行先はどこにしようか考え中の方『 これから夏になるし、連休や夏休みを利用して海に行きたいな。でも海外旅行はちょっと難しいし、国内でどこかおススメの場所はないかな?せっかくならきれいな海で海水浴やマリンスポーツを楽しみたいし、おいしいものも食べたいし、ゆったり過ごすのもいいな~ 』

 そんな超絶欲張りなあなたにおススメするのは佐渡島です。ソロや友達同士、カップルや家族連れ、老若男女問わずに楽しめるのが佐渡島です。前編では主に佐渡島への行き方や移動手段などの基本情報、後編では佐渡島の魅力や楽しみ方などをまとめてみました。長いので適当に読み飛ばしながら進めてください。

今回の内容

  • 来島の前のお願い
  • 佐渡島はどこにある?
  • 佐渡島の特徴
  • 佐渡島への行き方
  • 島内の移動手段

スポンサードサーチ

佐渡市長から来島を予定されている皆様にお願い

 政府と新潟県は、感染拡大防止の観点から、県をまたぐ移動等の自粛について、移行期間を設けて、段階的に緩和していきます。この状況を踏まえ、当市への来島を予定されている方におかれましては、来島の目的を十分に検討され、県外から、特に新規感染者の拡大等感染リスクの高い都道府県からの不要不急な来島を控えるなど、慎重な判断をしていただきますようお願いいたします。
 一人ひとりの心掛けが佐渡市、新潟県そして全国の安全・安心な暮らしにつながります。県内から来島を予定されている方におかれましては、体調が悪い時は来島を控えていただき、マスクの着用や人と人との距離の確保、さらには手洗いの徹底など「新しい生活様式」の実践に取組んでいただきますようお願いいたします。皆様のご協力でこの新型コロナウイルス感染症が収束した折には、当市へのお越しを心からお待ちしております。佐渡市ホームページより引用 / 2020.5.29時点

佐渡島はどこにある?


 新潟県の沖合に位置しており、日本の島の中では沖縄本島に次ぐ面積があり、島の周囲は262.7kmです。距離的には車で東京駅から静岡県浜松市、長野県長野市、福島県二本松市あたりに行く感覚です。佐渡島では毎年4月に佐渡ロングライドが開催され、国内外から数千人の方が来島されます。彼らの強靭な脚力を持ってしてもロードバイクで一周するのに7~12時間くらいかかるので、初心者が自転車で一周するのは至難の業です。自動車であればおよそ4時間といったところでしょうか。

佐渡島の特徴


 佐渡島の気候の特徴として夏は海風の影響で1~2℃ほど気温が低く、冬は暖流の影響で1~2℃ほど高いため積雪は少ない傾向です。またその特徴的な形から西側の大佐渡山地、東側の小佐渡山地、その中間の国中平野に分けられ、佐渡島の中でもそれぞれの地域で気候が若干違う(日照時間など)ことから特産品にも特徴があります。
 特産品は実に多種多様で、佐渡米、おけさ柿、ルレクチェ、みかん、貴重な佐渡牛、海鮮(南蛮エビ、ズワイガニ、イカ、寒ブリ、カキ、サザエ)、地酒などなどまさに食の宝庫ですね。おいしくないものを探すほうが難しいです。

佐渡島への行き方


 行き方は佐渡汽船の一択です。航路は『 新潟港 ↔ 両津港 』『 直江津港 ↔ 小木港 』のみです。※寺泊港 ↔ 赤泊港は現在運航しておりません。

 新潟港 ↔ 両津港ではカーフェリーとジェットフォイル、直江津港 ↔ 小木港では高速カーフェリーのみです。なおカーフェリーには『 ときわ丸 』『 おけさ丸 』がありますが『 ときわ丸 』の方が新しくて、ちょっぴり高級ホテルのような感覚を味わえるのでおススメです。ここでは東京から佐渡への行き方を紹介します。

新潟港 ↔ 両津港の所要時間

 ‣カーフェリー2時間30分
 ‣ジェットフォイル1時間

鉄道を利用(最短3時間30分、少人数なら〇)

東京駅 →(上越新幹線)→ 新潟駅 →(路線バス or タクシー)→ 新潟港 →(ジェットフォイル or カーフェリー)→ 両津港
‣JR東日本

空港を利用(最短2時間、ただし使い勝手×)

成田国際空港 →(ANA 17:35 – 18:40のみ)→ 新潟空港 →(路線バス or タクシー or ミニライナー)→新潟港 → ジェットフォイル or カーフェリー) → 両津港
‣新潟空港
‣成田国際空港

自動車を利用(最短6時間30分、でも一番便利でおすすめ)

東京駅 →(関越自動車道+一般道)→ 新潟港 →(カーフェリー)→ 両津港

高速バスを利用(最短6時間、気ままにのんびり行くならあり)

東京駅 → (高速バス)→ 新潟駅 →(路線バス or タクシー)→ 新潟港 → (ジェットフォイル or カーフェリー)→ 両津港 ※カーフェリーだと最短7時間30分かかるが最安
‣WILLER EXPRESS
‣泉観光バス
‣新潟交通

島内の移動手段


 言うまでもなく佐渡島には鉄道がありません。港近郊を散歩する分には問題ありませんが、基本どこへ行くにしても結構な距離があります。自家用車で行くのがベストかと思いますが、目的に応じて路線バスやタクシーも上手に活用しましょう。個人的には自家用車 or 路線バスを使うので利用する機会はありませんが、定期観光バスや観光タクシーという手もあります。旅行初心者向けですが、間違いはないでしょう。

自家用車

 航送運賃が全国屈指の高さを誇る佐渡島。軽自動車ですら往復20,000円超えです。非常にネックですがそれを差し引いても自家用車が一番です。なんと言っても圧倒的に快適。乗船の順番も運送車両 → 自家用車 → 一般旅客なので雑魚寝の客室でも良いポジションを押さえることができます。1等席以上の指定席では関係ありませんけどね。
‣運賃表

二輪車

 自転車やバイクでサイクリングやツーリングを楽しみたい方も多いと思います。私はまだ経験がありませんが、間違いなく気持ちが良いですよね。ただし例によって航送運賃がちと高くて、自転車でも片道4,000円強です。それでも楽しみ代だと考えれば大した金額ではないですかね。
‣運賃表

佐渡島にはガソリンスタンドが少なく、且つ離島価格です。あらかじめ満タンにして上陸しましょう!

レンタカー

 フットワークの軽さが最大のメリットです。自由に気兼ねなく移動できるのはやはりありがたいです。複数人での旅行や家族連れにも最適ですね。ただし台数に限りがあるので、特にハイシーズンの予約は思っている以上にお早めに!!ちなみにとんでもないハズレの自動車が交じっていたり、料金も若干割高な印象を受けますが、そこはご愛嬌ですかね…。

両津地区

 ‣アイランドカー TEL 0259-23-2455
 ‣駅レンタカー佐渡両津営業所 TEL 0259-24-7050
 ‣気軽にレンタカー TEL 0259-58-8031
 ‣佐渡汽船観光レンタカー TEL 0259-27-5195
 ‣タイムズカーレンタル佐渡両津店 TEL 0259-24-7211
 ‣トヨタレンタカー佐渡店 TEL 0259-27-2100
 ‣ニッポンレンタカー佐渡営業所 TEL 0259-23-4020
 ‣ニコニコレンタカー佐渡両津港店 TEL 0259-23-2864
 ‣渡辺産商レンタカー TEL 0259-27-5705

国中地区

 ‣皆川自動車販売 TEL 0259-57-2425
 ‣JAレンタカー TEL 0259-22-3133
 ‣H.Sレンタカー TEL 0120-66-2170
 ‣TOKIレンタカー TEL 0259-51-4500

南佐渡地区

 ‣アブラヤレンタカー TEL 0259-67-7791
 ‣佐渡レンタカー小木営業所 TEL 0259-86-3010
 ‣佐渡レンタカー赤泊営業所 TEL 0259-87-3101

路線バス

 島内全域にバス路線が張り巡らされています。混雑することはほとんどないですし、なによりもゆったりとした田舎時間を楽しめるので『 旅感 』が満喫できます。バスに揺られながら巡る旅も悪くないです。心地の良い揺れでついウトウトしてしまいます。佐渡島では事前に運転手に降車場所を伝えておけば一部の区間を除いてその付近で止まってくれますし、広い道路であれば手を挙げると止まってくれたりもします。路線タクシーみたいで助かりますね。
 それと交通系ICカードが使えないので、路線バスを多用するのならばフリーパス(1日券/2日券/3日券)を買っちゃいましょう。利用頻度によっては多少損するかもしれませんが、小銭払いを繰り返すよりは楽でいいですよ。佐渡汽船総合案内所、バスターミナル窓口、路線バス車内で購入できます。
‣新潟交通佐渡
‣佐渡バスマップ

路線バスの注意点

 バスの時刻やバス停の場所を探そうとしてもグーグルマップ検索が利きません。つまりググれないから時刻表とにらめっこするしかありません。加えて本数も少ないですし、乗り継ぎもスムーズでないことが多々ありますので、特に最終便への乗り遅れには要注意です。ただそんな不便さも楽しめちゃう余裕があるといいですよね。
‣路線バスの時刻表と路線図

タクシー or 観光タクシー

 私はほとんど使いませんが小人数での利用時には便利です。行きたいところを相談してもいいし、基本コースを巡ってもいいし選択肢が広がります。ガイドができる観光優良ドライバーライセンス取得者が親切に島内を案内してくれるそうです。

両津地区

 ‣佐渡観光タクシー TEL 0259-23-4116
 ‣港タクシー TEL 0259-27-2181

相川地区

 ‣佐渡観光タクシー TEL 0259-74-3228
 ‣新潟交通佐渡タクシー(相川) TEL 0259-74-3131

国中地区

 ‣中央タクシー TEL 0259-52-3161
 ‣内藤タクシー TEL 0259-52-2174
 ‣新潟交通佐渡タクシー部 TEL 0259-57-5123
 ‣おけさ観光タクシー TEL 0259-63-3348
 ‣佐渡観光タクシー TEL 0259-66-2030

南佐渡地区

 ‣新潟交通佐渡タクシー(小木) TEL 0259-86-2114
 ‣新潟交通佐渡タクシー(羽茂) TEL 0259-88-2101

レンタルバイク

 ツーリングなんて最高でしょうね。バイクに乗れる方が羨ましいです。原付~大型まで用意がありますが、台数はかなり少なめです。料金も若干割高な印象です。

両津地区

 ‣ローズレンタル TEL 0259-23-2864

南佐渡地区

 ‣アブラヤレンタカー TEL 0259-67-7791

レンタサイクル

 2020年6月の時点では大人用の電動自転車のみです。エリアが限られていますが、なんといっても自動車やバスでは味わえない生の空気を感じれるのが最大の魅力ですね。利用料金は半日1,300円、一日2,000円みたいな感じです。要予約です。

両津地区

 ‣佐渡観光交流機構 佐渡観光案内 TEL 0259-27-5000
 ‣SADO二ツ亀ビューホテル TEL 0259-26-2311

相川地区

 ‣佐渡観光交流機構 相川観光案内 TEL 0259-74-2220

国中地区

 ‣新潟交通佐渡観光案内 TEL 0259-57-2121

南佐渡地区

 ‣佐渡観光交流機構 南佐渡観光案内 TEL 0259-86-3200

 佐渡汽船内でたまたま近くに乗り合わせていたビジネスマン風の男性たちが『佐渡でレンタサイクル事業を…』みたいな話をしているのを耳にしました。もしかしたら近いうちにそういった事業が増えるかもしれません。マウンテンバイクやクロスバイク、ロードバイクを気軽にレンタルできたら移動の幅が広がります。