Written by M.Ken'ichi

【初心者向け】ミラーレス一眼カメラをおすすめする3つの理由

カメラ

写活デビューしたい人
『ミラーレス一眼と一眼レフカメラならどっちがいいかな。理由があれば教えてほしい。』

そんな質問にお答えします。

私もただのアマチュアですが、ここでは経験や本などで学んだことを整理してお伝えしていこうと思います。私もアウトプットすることで勉強になります。一緒に成長して、写真生活を楽しみましょう。

本日の内容

  • はじめに
  • コンパクトで軽い
  • 液晶モニターで写真の仕上がりイメージを確認できる
  • オートフォーカスの範囲が広い
  • それでも一眼レフカメラが欲しい人とは
  • おわりに

スポンサードサーチ

はじめに

ミラーレス一眼にしようか、それとも一眼レフカメラにしようか。もし迷っているのであれば、断然ミラーレス一眼をおすすめします。理由は『コンパクトで軽い』『液晶モニターで写真の仕上がりを確認できる』『オートフォーカスの範囲が広い』からです。

コンパクトで軽い

ミラーレス一眼
ミラーレス一眼は一眼レフカメラに比べると、単純にコンパクトで軽いです。コンパクトで軽いのってめちゃめちゃメリットです。たとえば旅行中、ただでさえ荷物が多くなる状況でカメラが大きくて重かったら悲惨です。楽しいはずのカメラが、ただのお荷物になり下がります。ちなみに私は海外旅行に大きくて重いカメラを持っていき、激しく後悔した思い出があります。

コンパクトで軽いミラーレス一眼であれば、常にカバンに忍ばせておけます。携帯するようになれば当然持ち運ぶ機会が増え、「あっ」というときに取り出して撮影できたりします。

使う機会が増えれば、そのぶんの経験値を積むことになるので勝手にスキルが上がります。がんばって一眼レフカメラを買っても重くて持ち運ぶのが大変だと、次第に億劫になって使う機会がなくなります。そのうち「スマホでいいや」となり、なんのためにカメラを買ったのかわからなくなります。

したがってコンパクトで軽いというのは、これから始めたい方にとってものすごくメリットが大きいです。もちろん中には重いほうが撮ってる感や迫力、安定感があって良いという方もいると思います。とはいえ、まずはメリットの多いミラーレス一眼をおすすめしますよ。

液晶モニターで写真の仕上がりイメージを確認できる

ミラーレス一眼
ミラーレス一眼では、写真を撮る前に液晶モニターでどんな感じに写るのかを確認できます。具体的に言うと明るさ、色味、ボケ感などです。

自分が『撮りたいイメージ』ってあると思いますが、それに合わせた設定がそのまま液晶モニターに映し出されるのでとっても便利。写真を撮る前に液晶モニターを見ながら「もう少し明るいほうがいいな」「もう少し色味があったほうがいいな」「もう少しボケたほうがいいな」などの設定ができるわけです。

もちろん一眼レフカメラでも設定自体は可能ですが、写真を撮ってからでないと仕上がりがわかりません。なお、機種によって一眼カメラでも液晶モニターで確認することができます。ただ液晶モニターで確認するならば、最初からミラーレス一眼でいいじゃんという話になります。

カメラを始めたばかりの方は、撮りたいイメージがあってもそれに合わせた調整が難しいと思います。一眼レフカメラで撮っては確認、撮っては確認の作業をしているとマジで嫌になります。手間がかかって楽しくなければ、いずれカメラ自体を持ち出すことがなくなり、せっかく購入してもお蔵入りになる可能性が大です。

ミラーレス一眼ならわりと直感的に操作できるので、そんな心配も軽減されます。さらに自分が思ったような写真が撮れると楽しいもので、もっともっと撮りたくなります。そのうち成功体験が増え、さらにさらに撮ることが楽しくなります。

『楽しい→もっと撮りたい→成功体験が増える→スキルが上がる』の繰り返しです。したがって心が折れないという意味でも、操作がしやすいミラーレス一眼をおすすめします。

オートフォーカスの範囲が広い


ミラーレス一眼は一眼レフカメラに比べると、画面の端から端までピント(フォーカス)を合わせることができます。一眼レフカメラでも上位機種であればかなり広い範囲にピントを合わせることができますが、それでもミラーレス一眼ほどではありません。

ミラーレス一眼のピント範囲はスマートフォンと似ています。広い範囲にピントを合わせることができるので撮影が楽になり、ピントが甘くなってしまうリスクも減ります。したがって、オートフォーカスエリアが広いというのはものすごいメリットになります。

それでも一眼レフカメラが欲しい人とは


ここまでミラーレス一眼をおすすめしてきましたが、それでも中には一眼レフカメラにこだわりたいという方もいると思います。以下の項目に一つでも当てはまるのであれば、検討してみる価値はあるでしょう。

  • 「カシャッ」というシャッター音にこだわりたい
  • グリップ感とドッシリ感が欲しい
  • 電子ビューファインダーにどうしても馴染めない
  • どうでしょう。一つでも当てはまったあなた。もしかしたら一眼レフカメラのほうが合っているのかもしれません。さいごに迷わせてすみません。

    おわりに

    あれこれ言いましたが、最初のうちは無理に見栄を張って一眼レフカメラに固執する必要はないと思います。ちなみに私は一眼レフカメラに固執した結果、しばらく持ち出さなかった過去があります。

    ひとまずはミラーレス一眼で写真の楽しさを知り、成功体験を積み、スキルを磨いてから一眼レフカメラに切り替えてもいいのではないかと思います。ただし、では実際のところ数年後に一眼レフカメラに切り替えるのかというと、おそらく答えはNOでしょう。その頃にはきっともっとミラーレス一眼が進化しており、一眼レフカメラは終焉を迎えているかもしれません。