Written by m.kenichi

【朳差岳】飯豊連峰の最北端|大石ダム東俣ルートから過酷な日帰り登山|2022年7月2日

アウトドア

朳差岳の登山を検討中の方
『朳差岳ってどんな感じだろう。なにか情報があれば教えてほしい。』

この記事は備忘録ですが、少しでも参考になれば幸いです。

本日の内容

  • 感想
  • スケジュールなど
  • 登山ルート
  • 朳差岳について

スポンサードサーチ

感想

朳差岳
今回は日帰りの強行登山でした。暑さというよりも、とにかく長くてめちゃめちゃ過酷でした。新潟 山のグレーディングの通り、本来であれば体力面を考慮すると一泊二日が適切な山です。

前朳差岳までがとにかく長い長い。辛くて途中で引き返そうかと思ったくらいです。しかし前朳差岳以後の眺望がとてつもなく素晴らしい。長くて深い飯豊連峰の峰々、まだまだ残る雪渓や新緑色の木々、さらに青い空に白い雲のアクセント。どれをとっても一級品の景色です。

体力面の話を抜きにしても、せっかく行くなら日帰りではもったいない山です。飯豊連峰の最北端は伊達ではありません。避難小屋泊なら水場は確保できるので、あとは十分な食料と寝具、適切な服装を持って臨みたいものです。

スケジュールなど

【日にち】2022年7月2日(土)
【天候】晴れ、微風
【気温】体感では20℃台で推移だが、昼間の日差しは強い
【登山ルート】大石ダム東俣ルートからピストン
【時間】10時間15分(上り5時間30分、休憩60分、下り3時間45分)
【電波状況】電波障害の影響で詳細不明だがおそらく圏外(au)

持ち物

  • ミレー ティフォン 50000 ウォームストレッチジャケット(未使用)
  • ミレー ロングスリーブシャツ(着換え)
  • カップラーメン
  • 菓子パン×2
  • エナジーバー×2
  • ウイダーインゼリー×3
  • 水分2ℓ(水1ℓ、ポカリスエット1ℓ)
  • ポカリスエット粉末(熱中症対策に必須)
  • 注意点

    水分は下山終盤で使い切ってしまいました。途中で明らかに不足することが予想されたので、カップラーメンは避難小屋直下の雪渓を溶かして使ったり、カモス橋から林道にかけて点在する湧き水でカバーしました。したがって、水分はトータルで3ℓくらい使ったと思います。熱中症対策として水分摂取は重要ですが、水だけではダメです。ポカリスエットなどのスポーツドリンクの粉末を持っていくと非常に効果的です。

    登山ルート

    朳差岳
    朳差岳へのルートは3つあります。大石ダムの東俣ルート、大石ダムの西俣ルート、奥胎内の足の松尾根から巻いてくるルートです。なお現在、西俣ルートは未整備のため通行止めとなっています。

    今回、わたしは大石ダムの東俣ルートからピストンしてきました。若干ヤブっていましたが、道迷いの心配はありませんでした。基本的に登山道が狭く、積雪によって一部崩れかけている箇所もありました。

    公式な水場

  • 鉱山跡(おそらく林道の序盤)の金山の清水
  • ブナイデ橋下の沢水
  • 避難小屋直下にある雪渓の融雪水もしくは雪解け後の湧き水(7月2日時点、湧き水はまだ雪渓の下でした)
  • 4:30 東俣彫刻公園登山口~ブナイデ橋(1号橋)

    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    大石ダムから5分ほどで東俣彫刻公園に到着。林道に続くゲートがあるので一般車両はここまで。公園の駐車場には合計15台ほど停められます。登山届はゲート脇に設置されています。

    ゲートをくぐると嫌になるほど長い林道が続きます。20分ほど歩いたところに唯一の湧き水があります。序盤なので補給はしませんでしたが、下山時にお世話になりました。

    大石ダムの水量観測地を通過。この辺りはイワナ釣りの名所らしいです。それもそのはず、渓流がとってもきれいです。

    道中、ちょくちょく鉄砲水らしき痕跡を見かけます。よく見ると道路にタイヤ跡がありますが、ゲートに侵入した登山客の一般車両です。まあ本当はダメなのでしょうが、暗黙の了解ってやつですかね。途中で越されましたが、乗せていって欲しかった。

    大阪市立大学ワンダーフォーゲル部「松村千鶴」さんの慰霊碑。昭和40年生まれなのか、昭和40年没なのかわかりませんが、登山事故には細心の注意を払いたいです。合掌。

    ようやく長い長い林道が終了。看板には「朳差岳山頂まで6.5km、約6時間ほど」と書かれています。はい、本格的な登山はこれからです。

    5:35 ブナイデ橋(1号橋)~カモス橋(2号橋)

    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳

    ブナイデ橋(1号橋)を渡るとブナ林、月夜平と呼ばれる少し開けた場所を通り過ぎると急登です。ゴヨウマツの多い乾いた尾根道をしばらく登り、やや切れ落ちた斜面をトラバースしてカモス橋(2号橋)に一旦下ります。橋の手前に湧き水が出ていますが公式ではありません。あまり当てにしないほうが良いでしょう。

    5:55 カモス橋(2号橋)~カモスの頭

    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    カモス橋(2号橋)の幅は1.5m程度、東俣川まではかなりの高度感があり尻込みしてしまいます。

    カモス橋からカモスの頭までがこのルート最大の急登です。樹林帯なので直射日光こそ防げるもののここはヤバいです。木の根を掴んでよじ登るなど、とにかく斜度がきつく、なにより長い。ここで大幅に体力を削られてしまい、引き返そうかと思いました。雨量計を過ぎてしばらく進むと少し開けます。ここからカモスの頭と権内ノ峰が確認できます。

    7:00 カモスの頭~権内ノ峰

    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    ようやくカモスの頭に到着。やや平坦になりますが、まだまだ続きます。ここから権内尾根となり、展望の利く尾根道となります。ポンと突き出た権内ノ峰が確認できます。手前の登りにロープの張られた岩場がありますが全然大したことはありません。

    7:30 権内ノ峰~千本峰

    朳差岳
    朳差岳
    権内ノ峰は標高1,001mの独標です。写真中央のピークが前朳差岳で抜群によく見えます。そのすぐ左側の三角に突き出たピークが鉾立峰です。朳差岳はここからでは確認できません。先が見えてきたので少しホッとした気持ちになります。

    2枚目の写真中央付近が権内ノ峰、その左側のピークが前朳差岳です。ところで、権内ノ峰あたりから尋常じゃない量のトンボが飛んでいます。ここから先、おかげさまで虫があまりいません。

    8:05 千本峰~前朳差岳

    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    千本峰は標高1,164m。木の根元にひっそりとそれらしき看板がありましたが、文字が擦れてまったく読めません。おそらく千本峰と書いてあったのでしょう。千本峰から遠くに目をやると大沢の3段の滝が確認でき、ゴーッという音が聞こえてきます。

    さてここから最後の登りです。序盤ほどの急登ではないものの、それに匹敵するくらいの辛さです。残雪や遠くの峰々の景色に癒されつつ、単調な登りをおじいちゃんみたいに両手で杖をつき、じわりじわり、まだかまだかと進んでいきます。

    9:10 前朳差岳~長者平

    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    東俣彫刻公園から歩き始めておよそ4時間30分、前朳差岳に到着です。ようやくつらい登りから解放され、ここでようやく朳差岳の山頂が望めます。

    それにしても素晴らしい。朳差岳に続く尾根のイケメンぷりが半端ないです。がんばって登ってきた甲斐があります。ここまで来たらあとは快適な稜線歩き。尾根の右側左側やヒメサユリの群生を眺めつつ進んでいきます。

    9:45 長者平~朳差岳山頂

    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    あっという間に長者平に到着。前方には朳差岳から鉾立峰、大石山、頼母木山、地神山、門内岳へと続く稜線が確認できます。深くて長い、そして美しい。圧巻の景色に魅了されます。7月ですが、まだまだ雪渓が残っています。

    長者平には広い草原に池塘が点在しておりこれがまた見事です。とくに池塘越しの飯豊連峰の眺望に、今までの疲れが吹き飛びます(一瞬)。個人的には山頂よりも、長者平から眺める飯豊連峰のほうが好きです。

    昔はこの辺りに避難小屋があったそうですが、現在は取り壊してありません。その代わりと言っては変ですが、県消費や慰霊碑が点在しています。

    10:00 朳差岳でお昼ごはん

    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    朳差岳
    登山開始から5時間30分、ようやく標高1,636mの朳差岳に登頂しました。とても長かった。辛くて引き返したくなりましたが、ここまで来れて良かったです。

    頂上はそれなりに広く、人も少ないので休むスペースは十分にあります。ここで御年81歳の大ベテランさんに遭遇しました。奥胎内の足の松尾根から来たそうですが、高齢を理由に今回で登り治めのようです。飯豊連峰についてあれこれご教授いただいた後、その方は涼しい顔をして下りていきました。たまにいるんですよね、スーパー81歳。

    頂上からの眺望もまた見事で、稜線がばっちりと確認できます。少し下ったところに朳差岳避難小屋が見えます。木造2階建ての小屋で50人ほど収容でき、通年無料で利用可能です。トイレは別棟に2室ありますが、トイレットペーパーは持参しましょう。あと、仕方ないことですが臭いが強烈です。

    水場は避難小屋の裏から数分下ったところにありますが、7月2日時点ではまだ雪渓の下でした。7月中旬くらいに雪渓の下に雪解けの湧き水が現れるそうです。今回は雪渓を溶かして使用しました。そして、山頂で食べるカップラーメンのおいしさは異常です。

    11:00 下山開始~登山口

    朳差岳
    何度も振り返りながら下山を開始します。残念ながら少しガスってきました。冒頭にも書いた通り、下山終盤(カモスの頭付近)で水分を使い切ってしました。下ってしまえば湧き水があるのは承知していたため、そこまでは少し我慢です。

    湧き水にポカリスエットの粉末を入れて水分補給。滝汗をかく登山において、水だけでは熱中症対策として不適切です。電解質バランスを考慮するとポカリスエットが最強です。いいですか、アクエリアスではなくポカリスエットです。粉末であれば少し濃いめに作るのがポイントです。まじで。

    14:45 東俣彫刻公園登山口

    朳差岳
    気力を振り絞ってなんとか下山です。力を出し尽くしました。最後の林道が長すぎて心が折れます。

    余談ですが朳差岳を登っていたら、以前登った苗場山の赤湯温泉ルートを思い出しました。ここも朳差岳並みに厳しい山行でした。

    朳差岳について

    朳差岳
    朳差岳は飯豊連峰最北端の名峰で、日本200名山の一座です。一級河川である荒川の支流、大石川の源流に位置しています。朳差岳の「朳」とは、田植え前に田んぼの土をならす農具のことで、早春にこの朳を持った農夫の雪形が出現し、農事歴として親しまれてきました。

    大石ダム東俣ルートは1964年の新潟国体山岳競技のために開かれた、飯豊連峰では比較的新しい登山道です。途中の月夜平では矢尻や石斧などの石器が出土することから、狩猟の基地であったことが推測されます。

    山頂手前の長者平の草原には大小の池塘が点在しており、ここから飯豊連峰の女性的な山容を拝むことができます。山頂付近には高山植物も豊富で、春のハクサンイチゲ夏のニッコウキスゲ秋のハクサントリカブトの群落が見事だそうです。

    関川村の日帰り温泉施設

    桂の関温泉ゆ~む
    道の駅関川にある日帰り温泉施設。一番わかりやすく、一番入りやすい。料金は大人700円。
    越後雲母温泉 高台の宿 寿荘
    利用可能時間は13:00~21:00、料金は500円。
    雲母温泉共同浴場
    料金は破格の100円。ただし、あくまでも集落のための共同浴場。
    雲母温泉 上関共同浴場
    料金は破格の100円。こちらも、あくまでも集落のための共同浴場。
    湯沢共同浴場
    料金は格安の200円。上記の共同浴場よりも多少大きい。
    荒川いこいの家
    料金は大人400円。一応日帰り入浴施設で、わりと広々している。

    参考文献

    新潟県山岳協会:新潟100名山, 新潟日報事業者, 2010
    新潟県山岳協会:新潟100名山+10, 新潟日報事業者, 2020