Written by M.Ken'ichi

【Nikon D700+AI AF NIKKOR 35mm f/2D】秋の風景を撮る|作例5枚

カメラ

Nikon D700+AI AF NIKKOR 35mm f/2Dを使用して風景を撮ってきました。感想とともに作例を少しご紹介いたします。

スポンサードサーチ

Nikon D700+AI AF NIKKOR 35mm f/2D

  • すべて未加工
  • フィルター未使用
  • ピクチャーコントロール:標準
  • JPEG撮って出し
  • 絞り値:f5.6 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:800 露出補正:±0 焦点距離:35mm ホワイトバランス:オート

    D700
    シダ植物に向かっていい具合に光が入っており、岩の苔と相まって雰囲気のある写真が撮れました。見えづらいですが、写真上部の木の根っこが地味にかっこいいです。

    絞り値:f5.6 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:800 露出補正:±0 焦点距離:35mm ホワイトバランス:オート

    D700
    こちらは木の苔とシダ植物に光が入っています。木の皮の表情までしっかりと写っています。木道の登山道がいいアクセントになっているように思います。

    絞り値:f5.6 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:400 露出補正:±0 焦点距離:35mm ホワイトバランス:オート

    D700
    苔の細かい表情がよく写っているように思います。なんとなく生命力を感じるような印象です。紅葉も艶っぽく撮れていますが、なんだか色が悪いですね。

    絞り値:f5.6 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:200 露出補正:±0 焦点距離:35mm ホワイトバランス:オート

    D700
    色づいた広葉樹に朝日が当たっています。完全に撮影迷子になっており、いまいちしっくりきません。トリミングで枝の力強さを主張させれば、かっこよくなるかもしれません。

    絞り値:f5.6 シャッタースピード:1/2500秒 ISO感度:200 露出補正:±0 焦点距離:35mm ホワイトバランス:オート

    D700
    たぶん赤トンボの雌だと思います。最大限に寄ったつもりです。でもよく見るとフォーカスが外れています。

    感想

    風景なのであまりボケさせたくありませんでした。気づいたらすべて絞り値はf5.6で撮っていました。レタッチのことも考え、全体的にローキーで撮影してみました。最初の2枚のみダークな印象を出したかったので、意図的に暗くしてあります。

    AI AF NIKKOR 35mm f/2Dは2002年に発売を開始した、いわゆる撒き餌レンズです。現在は販売を終了しているため、新品は在庫限りとなります。とはいっても、あえて新品で買わずとも中古で十分です。

    レンズのことをとやかく言えるほど詳しくありませんが、十分きれいに写ります。どことなくオールドレンズっぽい写りをすることもあれば、こってりとした色合いを残すこともあります。軽いのでお散歩レンズにピッタリです。

    なお、AI AF NIKKOR 35mm f/2Dにはレンズ内AFモーターがありません。機種(D3000番台とかD5000番台)によってはAFが効かないので注意しましょう。